車の運転は基本を守ろう
2018.12.29
ここ何年か、変な運転をするドライバーが目立つようになった。

曲がるとき、いったん逆方向にハンドルを切る
全く意味不明な行動である。たとえば左折するときに一旦右に寄るというおかしな運転である。こういう車は右折するときには左に寄るので、交差点を塞いでしまい、直進車が左をすり抜けることができなくなる。全く迷惑な話だ。教習所では左折するときは左に寄る。右折するときには右に寄る、と習ったはず。あるアンケートによると、反対方向に膨らむのは「カッコいいから」という回答が最も多かったそうだ。馬鹿げている。曲がるときはゆっくりと、目視確認をしながら行えば内輪差はそんなに気にする必要はない。

動作を始めてから合図を出す
合図(ウィンカー)は動作をする前に行う。右左折を開始してからウィンカーを出すドライバーがいる。何のための合図なのか理解できていないようだ。右左折のまえの合図、車線変更前の合図は必ず出さなければならない。

合図そのものを出さない者もいる。ありがちなのは、右折車線に入る前の合図を出さないこと。車線変更の合図と右左折の合図はまったく別なものだ。

脇道から大きな通りに入るときに合図を出さない者も多い。とくに他に車がいないときに出さない者がいる。車がいなくても、歩行者があなたの車の合図を頼りに道路を横断するかどうか判断している場合がある。合図は自分のためではない。他人のためである。

ヘッドライトを点灯しない
薄暗い場合もそうだが、目立つのはトンネルの中でつけない車。ライトはあなた自身にとってよりも他人から認識できるという利便性が強い。あなたがライトをつけていない場合、他人が余分な注意を払わなければならない。また、他人はあなたからと同じようには見えていないかもしれない。暗いところでライトをつけないことは他人に迷惑をかけていることになるのである。
2018.12.29 08:27 | 固定リンク | 雑感 | コメント (0)
野島崎に行ってきました
2018.12.24
これで3回目でしょうか。特に目的はありません。

私は房総半島に行くときは、成田・八街経由でアプローチします。409号から東金インターに入り自動車専用道路を使うのが一般的かもしれません。しかし私は一般道が好きなので、126号の小野交差点から台方交差点まで行き、あとは128号をひたすら進みます。茂原市内でも左折せず、山の中へ。大多喜を通り、山を下って安房小湊に出ます。ふたたび128号を西進し、フラワーラインへ。一直線です。

いったん灯台付近を過ぎ、道の駅 白浜野島崎に行きました。ここで買い物をしました。



灯台のほうにもどり、磯笛公園に車を止めて写真を撮りました。





駐車場の東側に小さな祠がありました。



帰宅して家内に「関東最南端に行って来た」と報告しましたが、これは間違いでした。本土と陸続きの場所としては最南端ですが、関東最南端は沖ノ鳥島が正解です。
2018.12.24 22:34 | 固定リンク | 旅行 | コメント (0)
松任谷由実 TIME MACHINE TOUR に行ってきました
2018.12.19
埼玉スーパーアリーナで行われました。



私がユーミンの存在を知ったのは1974年の8月。TBSラジオのパックインミュージック、パーソナリティーは林美雄でした。ゲストとして松任谷由実と石川セリが出演していました。このとき松任谷由実は20歳、石川セリは21歳で、ユーミンはまだ大学生だったわけです。

当時はふたりとも無名でしたが、両者の曲に衝撃を受けて、この放送が私の志向がポピュラー音楽に向かっていくきっかけとなりました。ただ、私の興味が高校からジャズ中心に移ってしまったため、ユーミンのコンサートには行ったことがありませんでした。

座席の背に変なものが取り付けられていました。このまま座ると背中がグリグリします。一緒に行った家内に

「これは腕にはめるものよ。説明が書いてあるでしょ」

と言われてしまいました。確かに、入場したときの配布物に説明がありました。



会場はセンターステージです。ステージには4本の鉄骨のように見える柱があり、そこに歯車のようなオブジェが付いていました。このステージは見たことがあります。そうです。「ジキソー未だ修行中」のときとおそらく同じものです。装飾品は違いますが。

会場を見回すと、モニタがありません。私はオペラグラスは持たない主義なので、これではユーミンの顔が見えません。しかし、コンサートが始まるとその謎が解けることになります。

18時30分から開始です。まず舞台の周り(アリーナ席と同じ高さの床)を泥棒のような人影が怪しい動作で一周します。その後曲が始まりました。セットリストは以下のようでした。

1. ベルベット・イースター
2. Happy Birthday to You ~ヴィーナスの誕生
3. 砂の惑星
4. WANDERERS
5. ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ
6. 守ってあげたい
7. Hello, my friend
8. かんらん車
9. 輪舞曲
10. 夕涼み
11. 春よ、来い
12. Cowgirl Blues
13. もう愛は始まらない
14. CARRY ON
15. セシルの週末
16. ハートブレイク
17. 結婚ルーレット
18. 月曜日のロボット
19. ダイアモンドダストが消えぬまに
20. 不思議な体験
21. Nobody Else
22. ESPER
23. COBALT HOUR
24. 宇宙図書館

アンコール

1. カンナ8号線
2. DESTINY
3. アンコール
4. ひこうき雲
5. やさしさに包まれたなら

照明が目まぐるしく動き、色が変わり、点滅します。そして舞台に垂れ下がる薄い膜にはプロジェクションマッピングが映し出されます。照明を中心とした演出なので、モニタは邪魔なのです。

腕につけた装置も派手に色を変え、点滅します。AKBグループのコンサートですとペンライトの色を変えたり点灯したりするのはファンの役割ですが、ここでは電波による司令で自動的に行われます。点滅する場合は周波数が早いので、光過敏性てんかんを持つ人は注意が必要です。

ユーミンは何曲がごとに衣装を取り替えますが、こちらもド派手でした。

ユーミン自体は歌が下手だと言われています。私が昔聴いた生中継のコンサートでは音程が外れまくりでした(「北原ダイヤモンド」みたいな感じ)。しかし、今回は音程はきちんと合っていました。口パクかどうかは顔が見えないので確認のしようがありません。音を長く伸ばさない傾向がありましたので、ひょっとしたら生歌かもしれません。

MCのときはファンがひとことひとことに拍手をしてくれます。優しいファンが多いようです。些細な話でも拍手が来るので、AKBグループとはだいぶ違うなと感じました。

いわゆるニューミュージックはロック系とフォーク系に別れますが、ユーミンは明らかにロック系だと改めて感じました。アレンジははっぴいえんどなどから影響を受けていますから、当然といえば当然でしょう。

コンサートの時間はアンコールも含めて2時間40分ほど。AKBとは全く違う世界を堪能することができました。それにしても私のようにAKBもユーミンも聴く人間というのはどのくらいいるのでしょうか?
2018.12.19 22:13 | 固定リンク | 音楽 | コメント (0)
引っ越したい
2018.12.19
自分が住んでいるところは田舎です。東京から新幹線で40分台のところです。

自営業を始めて13年目になりますが、同じ場所で仕事を続けるのはそろそろ飽きてきました。

とはいえサラリーマンに戻るのも面倒です。私の仕事は資格がありますから再就職は比較的容易ですが、個人事業を続けてしまうと人に指図されない気楽さにどっぷり使ってしまいます。

などと考えていたら、ある場所から「こちらに来てくれませんか」と誘いがありました。以前も誘われたところです。かなりの報酬を示されたのですが、あまりにも田舎であり、子どもも独立したわけではないので、そちらは返答を保留しています。

うーん、どうするべきか。
パニック障害をデパスで治そうとする内科医
2018.12.14
何とかならないですかね。

抗不安薬を使うのは間違いではありませんが、抗不安薬自体に不安障害を治癒させるする効果はありません。

抗うつ薬を使うべきです。

デパスなどの短時間型の抗不安薬は飲むと気持ちがいいので治ったような気分になりますが、パニック障害・強迫性障害・社会恐怖(対人恐怖のこと)などの症状を起こらないようにする働きはありません。酒を飲むのと同じで、一時的に頭を麻痺させるだけです。要するに症状の予防効果がないのです。おまけに薬に依存性がありますから、素因のある人は処方薬依存症になってしまいます。常用量依存で済んでいる場合も薬の中止が困難です。

なかには依存性を知っていて、患者さんをずっと通わせるために抗不安薬や睡眠薬を出し続ける悪質な内科医もいます。

内科の先生方は不安障害の治療として抗不安薬を絶対に使わないよう希望します。

精神科に任せてください。
2018.12.14 08:54 | 固定リンク | 仕事 | コメント (0)

- CafeLog -