調性について
2018.10.31
調性(キー)の違いからくる曲の印象の違いは楽器の影響もあるかも知れませんが、究極には人間の脳の問題です。

調性は曲の印象と関係があるのでしょうか?ここで言う調性は短調・長調などのモード・スケールのことではなく、キー、すなわち基音の周波数のことです。

クラシック畑の人は調性によって曲の性格や印象が大きく変わると言います。私が子供の頃読んだ本ではベートーヴェンは変ロ長調を黒で表したと書いてありました。現代でも、ハ長調は白だとか、変ホ長調はピンクだとか言う人がいます。ネットで「調性 色」で検索すると、この手の話がたくさん見つかります。そして、色で表せるくらいの違いがあるのだから、調性には重要な意味があるのだ、という人が多くいます。

私もはじめはそう思い込んでいました。私は子供の頃ピアノを習っていたのですが、ハ長調に対しては白・標準・平明というような印象があり、シャープ系の調は明るく元気な感じ、フラット系の調は柔らかい感じを受けていました。

また、1975年ごろの松任谷由実(当時は荒井由実でした)の曲を集めた本には「ピアノの変ホ長調は美しい響きがある」と書かれていました。なお、書いたのはその本の著者であり、松任谷由実さん本人ではありません。

しかしその後、私の中で、調性にはそのような意味が本当にあるのか?という疑問が生じてきました。

ひとつは、30代でデスクトップミュージックを始めたときです。コンピューターが音を作るわけですが、周波数は設定でいくらでも変えることができるのです。真ん中の A を 440Hz ではなくだんだん上げてみる。そうなるとたとえば A major と B♭ major はそんなに印象に差がないことがわかります。

もうひとつは40代、50代になって絶対音感がおかしくなってきてからのことです。私には真の意味の絶対音感はありませんが、音を聞けばこれは C だな、とか、G だな、とだいたいわかったものです。しかし年をとると C に聞こえていても実は実際は B♭だったということが頻繁に起こってきたのです。アタマの中で音を鳴らしてみて「Cだな」と思っても、実際は B♭なのです。そうなると、調性になんの意味があるのか、とますます思えてしまうのです。自分の中で「白・標準・平明」の印象であった音が実際の楽器を鳴らすと B♭ で、それが「白・標準・平明」の響きに聞こえるのです。

調性によって印象が変わる理由を、うるさい人達は楽器の性質で言い表そうとします。たとえば管楽器は♭系の調が演奏しやすいのでその調だと演奏しやすくなりスムーズな演奏になる。♯系の調だと演奏しにくいので緊張感が出る。弦楽器は#系で演奏しやすいので#系の曲だと開放弦が使えることもあり、スムーズな演奏になる。♭系は難しいの緊張感のある演奏になる。

それならば、ピストンをすべて開放したときにC音が出るトランペットを作ると、曲から受ける印象が全く変わってくる、ということになりますね。じっさいベートーヴェンのぐらいの時代までは基音が異なる数種類のトランペットがあって使い分けていたようです。それが面倒なのでピストン付きのものが出てきたわけですが。このあたりは実験してみないとわかりません。

余談ですが、ブルーノ・ワルターがあるオーケストラにモーツァルトの交響曲の指揮を任されていたときに、そのオーケストラの演奏を聞いてぶっ飛んだそうです。「モーツァルトに開放弦を使わせるとはナニゴトか!」と。前任者がそうさせていたのです。ま、私もギターやベースを弾くときはできるだけ開放弦は使わないようにしています。音がコントロールできなくなるので。開放弦を使うよう指示してある曲も世の中にはあるのかも知れませんが。

ピアノはいっけんシャープ系の楽器に見えますが、弦を叩くハンマーや弦そのものは均等に並んでいます。ですので、物理学的に測定してみれば、黒鍵だろうと白鍵だろうと周波数が異なるだけで同じような音が出るわけです。「演奏が難しい調だと緊張感が出る」という可能性はありますが、プロの演奏家はどのような調でも同じように演奏できるように基礎トレーニングをしているので、矛盾した言い方だなと思います。ハノン教則本をやった人なら理解できるはずです。

いずれにしろ、生楽器による音は、スペクトラム解析などの手法での研究が必要だろうと考えます。

現在のところ、調性というのは意味がないのではないかというのが私の考え方です。おそらく私の脳の老化によって絶対音感が失われた。それによって調性の感覚が崩壊した。そこから調性に対する認識が大きく変わったことだけは事実です。
2018.10.31 15:32 | 固定リンク | 音楽 | コメント (0)
茨城県フラワーパークに行ってきました
2018.10.28
秋バラまつりとダリアまつりをやっていました。

これはイルミネーションです。



そしていろいろなダリアが。



昼頃には現地をあとにしたのですが、かなり混んでいました。



茨城県西・県南からここに行く場合、朝日トンネルができたので本当に楽になりました。

2018.10.28 21:16 | 固定リンク | 旅行 | コメント (0)
自称ジャーナリストが危険地帯から帰ってきた件について
2018.10.27
この人は大馬鹿者である。

そもそも行くなと言われているところに出かけていくのがおかしい。ジャーナリストの使命だかなんだか知らないが、決まりを守れないということで人間としては失格である。紛争地帯に行く場合は武装兵を連れていかなければならない。

この人が誤った行動をとった理由として推測できることはふたつ。一つはこの人の頭がおかしいか知能が低い場合。もうひとつはこの人がテロ組織の仲間である場合である。そう思えるのは捕まるのが初めてではないからである。前者であれば「変な奴」で片付けられるが(もちろん政府が動かねばならなかったという点で避難されるべきではある)、後者だとしたら彼はスパイ活動もしくは破壊活動をするために日本に「帰らされた」のかも知れない。警戒すべきである。

第二次大戦後、シベリアに抑留された優秀な日本人が洗脳されて帰国、ソビエトと内通していたことは公然の秘密である。人権無視の国がわざわざ手間ひまかけて帰国させるわけがないのである。

安倍総理がカタールと親密な関係を維持してくれたおかげでこのジャーナリストは助かった。もちろん億単位の身代金が動いたはずである。今後、この人はそれに応えるような活動をしてくれるのであろうか?つまりそれは、身代金と諸費用に匹敵するような税金を払ってくれるのか、ということである。私はその点を楽しみにしている。

もうひとつ気になったのはマスコミの報道のしかた。このジャーナリストは大馬鹿者であって英雄ではない。インターネット上ではこの人に対する非難の言葉が溢れている。メディアも無視せざるを得なくなったのか「ネット上では賛否両論がある」などと小声でつぶやくようになり、この事件の扱いはだんだん小さくなっている。

マスコミが愚かなのは昔からである。ほとんどの媒体で政府自民党への反論が強いが、ほぼ一貫して自民党が政権を握っている。新聞は世論と逆のことを書く。いまや正しい世論はインターネットで出回るようになった。マスコミはネットに負けたのである。
2018.10.27 08:49 | 固定リンク | 雑感 | コメント (0)
鹿島大野駅に行ってきました
2018.10.25
鹿島大野で上下線が待ち合わせる場面に遭遇しました。ともに14:00発です。



上りはラッピング車両でした。1両目は茨城国体。



2両目はガルパンでした。



待合室の窓に貼ってあった慈恵館募集のポスター。



近くの名所です。いずれも知らない場所でした。大福寺は「出没!アド街ック天国」に出たそうです。慈眼寺は51号線のすぐそば。天長井戸というのは明治時代に鹿島神宮に参拝する人々のために県が地元に井戸を掘らせたものです。



列車を見て駅をあとにしました。


2018.10.25 21:32 | 固定リンク | 旅行 | コメント (0)
AKBグループの完全なあだ名かぶりメンバー
2018.10.23
あかりんアカリンが区別されることは常識だと思いますが、あかりんは二人います。

須田亜香里と佐藤朱です。

まいちゃんも二人。

渕上舞と本間麻衣です。

それぞれファン層がかぶらないと思われるので、あまり問題にならないのでしょう。

ちなみに竹内舞はまいまいと呼ばれていました。

余談ですが、鉄道の駅はなるべく同名にならないようにしているようです。それでも全く同じ名前の駅はかなり存在します。

旧国名などをつけることはありますが;

  例:常陸多賀・伊豆多賀・山城多賀

全く同名の駅も多数存在します。

  例:福島・赤坂・我孫子・日野

- CafeLog -