袋田の滝に行ってきました
2019.02.07
冬なので、凍っているかどうかを見に行ってきました。

ただ、きょうは比較的気温が上がっているのでどうでしょうか。

まず道の駅奥久慈だいごに入り、奥久慈しゃものカレー南蛮を食べました。大変よい味でした。



国道118号を走り、滝の入口へ。道はわかりやすいです。滝の近くになると道が細くなり、両側にお土産屋があり温泉街のような雰囲気になります。滝の近くの駐車場はどこまで行ったらいいのかわからないので「滝に一番近い駐車場」と書いてあるところに入りました。平日なのでガラガラです。見張りの人がおらず、入り口にぶら下がっている貯金箱に駐車料金500円を入れました。簡単に盗まれそうです。

「歩いて700メートル」とありましたが、実際の滝までは体感1.5kmぐらいありました。しかも、もっと先の方に駐車場はいくらでもあったのです(もちろん有料)。「一番近い」は大嘘でした。

お土産屋さんのある通りを行き、階段を登り、長いトンネルを歩き、やっと滝に着きました。水は少なめですが、凍っている部分もあります。



滝の動画はこちらです

エレベーターで上がると滝の上部が見えます。この上流は行ったことがありませんが、田んぼの水が流れてきているのだと言っている人がいました。



帰りは別の道を戻りましたが、大子の民謡発祥の地の記念碑がありました。



さらに進むと奇妙な装置がありました。たくさんの蛇口がある水道からホースが出て、ポリタンクのようなものにつながっています。単にポリタンクに水を入れているだけではないようです(その目的ならこんなものを作る必要はないはず)。



お土産屋さんの通りに奇妙な店がありました。一見廃屋のように見えますが、コレクションのようです。休日には営業しているのでしょうか。

2019.02.07 22:23 | 固定リンク | 旅行 | コメント (0)

- CafeLog -