梅本和泉さんの活動辞退について
2018.11.12
梅本和泉さんが2018年11月11日卒業を発表されました。

私がいずみんを意識するようになったのは2017年からです。人気こそありませんでしたが、ひたむきに努力している感じに好感が持てました。メールをとってみると文章が真面目な感じで、さらに好印象。そして今年になって初めて握手会に行きましたが、かわいい上に「しっかりしている」感じを受けてますます好きになりました。

握手会は2018年9月23日。これはブログに書きましたが、握手で手を力強く握ってくれるんですね。本当に愛おしいと思いました。

しかし、いずみんはなぜか劇場での出番が余りありませんでした。もともと推されではなかった上にチーム8を分散してほかのチームに兼任させるという問題のある組閣も影響したと思います。評価が低いからこそ劇場にたくさん出させて自己研鑽を積ませるということが必要だったのではないでしょうか。数百倍以上の競争率をかいくぐって合格したのですから、実力がないわけがないのです。

いずみんが卒業後どうなっていくのか、まだ何も発表はありません。

彼女は以前キッズモデルをしていました。ナルミヤシンデレラオーディションの2010年度準グランプリを獲ったこともあります。そしてAKB48の仮研究生になったのが2016年10月16日、18歳の誕生日。ですからたった2年間の在籍とはいってもある程度芸能界に慣れているはずです。ここから希望的に予測すれば、今後何らかの芸能活動を続けてくれる可能性もあります。ただ、今回のAKBでの経験から「もう芸能活動はこりごり」という考えになったのであれば、そのような望みは打ち砕かれてしまいます。

実は握手会の時、いずみんに聞いてみました。

「いずみんは山口県だけど、HKT48に行くつもりはなかったの?」

「そのときオーディションやってなかったので」

HKTも考えていたことを伺わせる返事です。まだ20歳ですから、もし間に合うのであればHKT6期生のオーディションやドラフト会議を考えても良いかも知れません。ずみいもだすに誘ってくれた小田彩加さんも今回の発表をとても残念がっていますから。

いずれにせよ、仮に芸能界から引退したとしても、SNSなどでファンとの交流を続けてもらえれば、と切に思います。島田晴香さんのように。

- CafeLog -