総選挙がなくなった
2019.03.14
昨日、AKB48グループでは総選挙を行わないことが発表されました。

理由はなにか?

まず考えられるのはNGT48での不祥事です。これは基本的に刑事事件。ファンとの距離が近いグループであるゆえに事件をもみ消すことができませんでした。もっともこれだけSNSが発達していると情報の産地直送が容易ですから、いくら箝口令を敷いてもダメなのです。公式SNSでストップを掛けられても当事者が個人垢で発信してしまえばおしまいです。

もう一つは単に大箱が確保できなかった可能性。東京オリンピックに向けて大きな場所は取りにくくなっています。昨年も表向きはぎりぎりになって名古屋に決まったが如きアナウンスをしていましたが、ああいうのは1年前から押さえておくのが常識です。ピアノ教室の発表会ですらそうです。小さな会場なら半年前でもなんとかなるかもしれません。

さらには、総合プロデューサーが48グループはどうでもいいと考えている可能性。はっきり言って儲かっていないかもしれないということ。しかし48グループは芸能人になるための人材育成機関という性格があるので(そもそもAKB48のコンセプトは「学校」です)、多少利益率が低くでも目をつぶるべきなのです。教育に携わる人は多かれ少なかれそう考えています。

総選挙がなくなってホッとしているファンやメンバーは確実にいるでしょう。しかし選挙でのし上がってきたメンバーは複雑な思いで見ているはずです。私の推しで言えば舞ちゃんですけれども。

まあ、今年の総選挙なしはみんながアタマを冷却する期間としてはいいかもしれません。

いま、私が考えるAKBグループのあり方は以下のような感じです。

総人数は400人程度。グループが6つあるとすればこのぐらいが適正ではないでしょうか。1グループ66人。1チーム18人✕3チーム、プラス研究生。AKB48のチーム8はあくまで別枠。

メンバーの採用にあたっては、辞退者を見越して多少多めに取るのはいいと思いますが、現在のようにほとんど公演に出られないようなメンバーを作ってしまうのはあまりにも本人が不幸ですし、ムダも多いのです。そういうことはやめましょう。

400人は一般の学校ならば40人かける10クラスですから、一人の管理者が見るにはこのくらいが限界です。ちなみに私は500人余りの患者さんを診ていますが、これを超えたら把握しきれません。

あとはスタッフは自分たちが世間一般とはかけ離れている感覚の人間であるという自覚を持ってほしいと思います。一般企業内で今回のNGTのような事件が起こったら懲戒処分は確実なのですから。

将来的にはAKBグループ出身のメンバーがグループの歌やダンスの先生をしたり、作詞・作曲をしたり、舞台演出をしたり、プロデューサーをしたり、というところまで行けば一流だと思います。



写真は成田山新勝寺です。
SKEBINGO!PRESENTS SKE48コンサート炎の関東ツアー2019 ~みなさん長らくお待たせしました~
2019.02.28
市川市文化会館で行われました。

コンサート自体は素晴らしいものでした。ただ、楽曲はいいとして、私はそもそもSKEBINGO!を見ていないので、いくつかのMCの内容が理解できませんでした。

しかし、山内鈴蘭さんが白塗りにして出てきたり(樽美酒ふう)、寸劇で日高優月さんがセクハラ課長役をやったり、楽しめる場面はたくさんありました。尻文字も面白かったですね。

それにしても小畑優奈さんが卒業してしまうのはつくづく残念です。あまりにも早すぎます。

会場ロビーにあったものです。



これはワンチャン玉入れ。



夜も遅くなったので、新幹線で帰りました。



0
NMB48 19thシングル「僕だって泣いちゃうよ」個別握手会に行ってきました
2019.02.17
パシフィコ横浜でした。さきほどAKB48劇場で「パジャマドライブ」公演を観て、すぐに駆けつけました。きょうはなぎちゃん一人です。

私「こんにちは〜。きのう『NMB48学園』聴いたよ。『京都市じょうきょう区』って....」
な「ああ、あれ〜〜」(と笑い出してしまう)
私「関東の僕でも知ってるぞ。しかし本当にエンターテイナーだなー。ありがとうね」
な「はーい、また来てくださいね」

もちろん「かみぎょう区」が正しい読み方です。昨夜ラジオを聞いていて一発目からこれでしたから。本当に楽しい人です。

彼女は実際に会うとAKBGイチの癒し系でしかも美人です。しかしあの天然ボケはどこから繰り出されるのでしょうか。同じような芸能人がいるか?と言われたら、ジミー大西さんぐらいしか思いつきません。

とにかく私のNMB48でのイチ推しはなぎちゃんです。

写真は横浜ベイブリッジと月です。
「パジャマドライブ」公演を観てきました
2019.02.17
「パジャマドライブ」公演は「古典」の部類に入るでしょう。オリジナルは2008年3月から約1年間、当時の初代チームBによって行われました。このときは多田愛佳・柏木由紀・片山陽加・指原莉乃・田名部生来・仲川遥香・仁藤萌乃・平嶋夏海・渡辺麻友といった錚々たるメンバーが出演していました。

現在行われているのは研究生による公演です。研究生でないメンバーもいますが。

山根涼羽
長友彩海
大盛真歩
多田京加
佐藤詩識
佐藤美波
本田そら
道枝咲
岡田梨奈
勝又彩央里
小林蘭
大竹ひとみ
齋藤陽菜
播磨七海
蔵本美結
吉橋柚花

セットリストは以下のとおりです。名曲ばかりといった感じです。

1. 初日
2. 必殺テレポート
3. ご機嫌ななめなマーメイド
4. 2人乗りの自転車
5. 天使のしっぽ
6. パジャマドライブ
7. 純情主義
8. てもでもの涙
9. 鏡の中のジャンヌ・ダルク
10. Two years later
11. 命の使い道
12. キスして損しちゃった
13. 僕の桜

今回注目したメンバーです。

小林蘭さん
私はどうもらんちゃんを気に入ってしまったようです。チームKの「RESET」公演ではキレキレダンスを見せてくれました。ここでは可愛らしい曲が多いので、また違う感じで踊っていましたが、その安定感は抜群です。MCも軽快で良かったと思います。

岡田梨奈さん
やはりチームKで見て気に入りました。パフォーマンスも良いのですが、彼女の特徴はMCの面白さです。どんどんキラーパスが飛んできます。峯岸みなみさんと指原莉乃さんを足して2で割ったような感じ、と言ったら言いすぎでしょうか。MCにおけるチームKの中心人物となってほしい気がします。

佐藤美波さん
可愛らしくて元気いっぱいですが、動きがきれいです。相当練習しているに違いありません。天才型というより努力型のきれいさです。

勝又彩央里さん
どういうわけか目に飛び込んできます。単に顔がかわいいから、というわけでもなさそうです。不思議な魅力があります。

全員パフォーマンスが素晴らしいだけでなく、MCも先輩たちに劣らない出来で、常に客席から笑い声が起こっていました。とても期待できます。これからのAKBを背負っていくメンバーと感じました。よい公演を見させてもらえました。

AKB48「NO WAY MAN」劇場盤発売記念 大握手会に行ってきました
2019.01.20
今回は1、2、6、7部に参加予定でしたが、体調不良のため1、2部のみに参加してきました。

荷物検査は厳重でした。今回は余計なものはすべてロッカーに入れたのでスムーズに通過できましたが、周りの人たちは実に細かく持ち物を検索されていました。おそらくNGTに関連してでしょう。もっとも今回はNGT不参加ですが。



1部は舞ちゃんから。1S動画にしました。3枚出して2枚当り。ベレー帽をかぶった舞ちゃんは珍しいです。そして同じ1部でまなみちゃんに会いに行きました。私の中ではこのふたりは「逆転王子様」つながりですが(ポジションも同じ)、意識しているのでしょうか?

ところで、この二人のレーンでは計測時間の測定方法が違いました。舞ちゃんは最初から時間を計測して「お時間でーす」となります。ところがまなみちゃんのところに行くと係員が「動画1枚、握手3枚でーす」と宣言し、動画を取り終わってから時間計測が始まりました。しかも私は4枚出したのではありません。3枚出して1S/2Sが1枚当たったのです。この差はなんでしょうか?

ほかに、梅本和泉さんの券を使って真理佳ちゃんに会いに行きました。ちょっと顔色が悪いようにも見えましたが、そのようなメイクなのでしょうか。態度は普段どおり明るかったですが。

2部で正規の券を持ってまた真理佳ちゃんに。1枚だけでしたがレシピが当たりました。それがこちら。



これは....?

たしか以前はカップラーメンだったはず。懲りてないな....

まあ、こういうメンバーが居るところもAKBグループの良さです。

ちなみに舞ちゃんとあおいちゃんはこんな感じでした。



- CafeLog -