金沢に行ってきました
2019.02.11
学生の頃金沢に行ったことがありますが、今回家族の希望もありましたので行ってみました。

かがやきに乗っていきました。連休であることもあり、満席でした。北陸新幹線のトンネルでは携帯電話が使えません。都市部に近いトンネルでは使えるところもありますけれども。



大宮から約2時間で到着です。金沢駅前は雪になっていました。

家族4人で行ったので、移動にバスを使っても料金はタクシーとそう変わりません。また、土地勘もあまりないので基本的にタクシーを使いました。

さっそく兼六園に行きました。入り口に数十人の行列ができて入場券の販売を待っていました。他の入口に行ってみてもある程度の行列がありました。



中は人多すぎ。なかなか景色が見えない部分もありました。しかし奥のほうに入るとそれほどでもありませんでした。

成巽閣に入ってみましたが、この季節ですので非常に寒かったです。貸してくれる分厚い布のような靴下は使ったほうがいいです。

兼六園を出て近くにある石川県立美術館に行きました。まあまあでした。

次に武家屋敷に。やはり観光客は結構いました。私が若いときに来た頃、このような塀に結構落書きがありました。今はまったくありません。きれいに整備されています。



夕方、ホテルに帰りました。ここは駅に通じる道の一つです。



さて、翌日は金沢21世紀美術館に行きました。ここも現代アートが中心でしたが昨日の県立美術館よりはるかに混んでいました。ここは基本的に無料なのですが、メインの企画展を見るためには料金がかかります。まあ、通常はお金を払うことになるでしょう。



注意すべきはチケットを買うときに行列になっているということです。これは美術館のホームページに書いてありますが、絶対に入場券は前売りで準備したほうがいいです。買い方は公式サイトにあります。

その次に近江町市場に行きました。2日目になると金沢の町に慣れてきたので路線バスを使いました。美術館の前から金沢駅行きに乗り、武蔵ヶ辻・近江町市場で降りればオッケーです。通常の路線バスは中乗り、前降り。最初に整理券を取ります。運賃は上記の場合200円。ただし兼六園のシャトルバスは100円です。



近江町市場はやたらに混んでいました。年末のアメ横並みです。魚とその加工品の店が多いようです。一直線の商店街ではなく脇道もあるので、くまなく回ることが必要です。食事できるところもたくさんありました。

ここまで回って帰りの列車の時間となりましたので、金沢駅へ。わずか一泊でしたが、充実した旅でした。

2019.02.11 21:20 | 固定リンク | 旅行 | コメント (0)
コメント一覧
コメント投稿

名前

URL

メッセージ

- CafeLog -