車の運転は基本を守ろう
2018.12.29
ここ何年か、変な運転をするドライバーが目立つようになった。

曲がるとき、いったん逆方向にハンドルを切る
全く意味不明な行動である。たとえば左折するときに一旦右に寄るというおかしな運転である。こういう車は右折するときには左に寄るので、交差点を塞いでしまい、直進車が左をすり抜けることができなくなる。全く迷惑な話だ。教習所では左折するときは左に寄る。右折するときには右に寄る、と習ったはず。あるアンケートによると、反対方向に膨らむのは「カッコいいから」という回答が最も多かったそうだ。馬鹿げている。曲がるときはゆっくりと、目視確認をしながら行えば内輪差はそんなに気にする必要はない。

動作を始めてから合図を出す
合図(ウィンカー)は動作をする前に行う。右左折を開始してからウィンカーを出すドライバーがいる。何のための合図なのか理解できていないようだ。右左折のまえの合図、車線変更前の合図は必ず出さなければならない。

合図そのものを出さない者もいる。ありがちなのは、右折車線に入る前の合図を出さないこと。車線変更の合図と右左折の合図はまったく別なものだ。

脇道から大きな通りに入るときに合図を出さない者も多い。とくに他に車がいないときに出さない者がいる。車がいなくても、歩行者があなたの車の合図を頼りに道路を横断するかどうか判断している場合がある。合図は自分のためではない。他人のためである。

ヘッドライトを点灯しない
薄暗い場合もそうだが、目立つのはトンネルの中でつけない車。ライトはあなた自身にとってよりも他人から認識できるという利便性が強い。あなたがライトをつけていない場合、他人が余分な注意を払わなければならない。また、他人はあなたからと同じようには見えていないかもしれない。暗いところでライトをつけないことは他人に迷惑をかけていることになるのである。
2018.12.29 08:27 | 固定リンク | 雑感 | コメント (0)
コメント一覧
コメント投稿

名前

URL

メッセージ

- CafeLog -