牧野アンナ「ヤバイよ!ついて来れんのか?!」公演を観てきました
2018.11.15
佐藤妃星さん目当てで応募しました。

今回はキャンセル待ち当選33番だったのですが、繰り上げ当選になってしまいました。ラッキーでした。



いまの私のAKB48でのイチ推しは誰かな?と考えたとき、やはりきぃちゃんだなと思います。彼女の素直さ、真面目さ、そして適度なネガティブさ(自己反省能力と言い換えてもいいでしょう)に私は魅力を感じています。やはり、推しを決めるのはそのメンバーの「性格」です。

さて、この公演のセットリストは以下のとおりです。

overture
恋愛総選挙
僕だけのvalue
12月のカンガルー
ホライズン
ナットウエンジェル
推定マーマレード
制服レジスタンス
Green Flash
いつか見た海の底
これからWonderland
Get you !
ピノキオ軍
僕らの風
(アンコール)
未来とは?
次のSeason
旅立ちのとき
NO WAY MAN ビデオ上映

出演メンバーは以下のとおりです。

鈴木くるみ(A-16)
西川怜(Aドラ2)
山根涼羽(A-16研)
下口ひなな(K-ドラ1)
武藤小麟(K-16)
安田叶(K-16)
湯本亜美(K-15)
長友彩海(K-16研)
田北香世子(B-ドラ1)
浅井七海(4-16)
佐藤妃星(4-15)
田屋美咲(4-16)
村山彩希(4-13)
坂口渚沙(8/4)
横山結衣(8/K)
佐藤七海(8/4)

セットリストは全体的にダンス中心。これは当然と思いますが、この公演を通じでダンスパフォーマンスが良くなったメンバーが多くいるようです。

佐藤妃星さんはそのなかでも著しく伸びたほうでしょう。私が彼女を初めて観たのは「夢を死なせるわけに行かない」公演です。この頃はきぃちゃんに関心がなかったということもありますが、少なくとも目立って目に飛び込んでくるという感じではなかったのです。

その次に観たのが「僕の太陽」です。きぃちゃんが出ている公演は何度か観ましたが、「アイドルなんて呼ばないで」での彼女がだんだん印象付けられる感じがしてきました。この頃はきぃちゃんがAKBINGO!に本格的に出演し始めたときです。彼女自身の「人に見られる」ことへの意識に変化が現れてきたのかもしれません。もちろんこれは良い方向への変化です。

牧野アンナ公演でのユニットは「推定マーマレード」です。この曲はもともと「恋チュン」のカップリング曲で、32ndシングルのフューチャーガールズが歌っています。このときのFGはかわいい系のメンバーが比較的多く、その雰囲気に合わせて作られた曲だということがわかります。今回のユニットは4人です。きぃちゃんが一番先輩なのですが、かわいらしく、しかし堂々と踊っていました。おそらくダンスに自信がついたのでしょう。「アイドルなんて〜」のときはまだすこし遠慮している感じが見えましたが、そこからかなり進歩していることがわかりました。

MCでは一生懸命つっこんで話を盛り上げようとしていました。今回は不完全燃焼した感じも少しありましたが、積極的な姿勢に好感が持てました。もっとも、あまりぐいぐい行くのもきぃちゃんらしくない感じもしますので、ほどほどでいいかなとは思いました。

きぃちゃんは声優志望ですが、できればAKB48にいて長くいてほしい気がします。15期は割と豊作で有名メンバーが多いですが、きぃちゃんはそういったスターたちとはまた別に、独自の立ち位置を確立してほしいと思います。

- CafeLog -